2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築写真講座「港町ヨコハマへ 洋館を撮りに行く」

▼建築写真講座「フォトジェニックシティー」

「港町ヨコハマへ 洋館を撮りに行く」

日時:2010年2月27日(土) 10時-15時半

大正初期に建てられた赤レンガの横浜市開港記念会館をはじめ、戦前の洋館
群に触れることのできる街、横浜(日本大通り周辺)にて撮影します。
どなたでもご参加いただけます。普段お使いのカメラをご持参下さい。

講師:下村純一氏 (建築写真家・早稲田大学講師)
著書・写真集に、『近代の光』、『細部の神々』、『アール・ヌーヴォー
の名邸』、『不思議な建築』、『薔薇と幾何学』、『インテリアの近代』、
『感性のモダニズム』など多数。日本写真家協会会員。

当日スケジュール(雨天決行)
10時 横浜にて集合
10時-13時  撮影
13時-13時半 昼食(各自負担)
13時半-15時半 撮影した写真を見ながら講評

定員:10名
受講費:3000円(資料代含む)

講座の申込は、題名を「横浜写真講座希望」とし、
●氏名●メールアドレス ●当日連絡用電話番号 を明記の上、
メールで info@art-thinktank.com にお送りください。
申し込みをお受けできた皆様に、折り返し詳細を送らせていただきます。

※上記予定は、天候など諸都合により若干変更する場合もあります。
スポンサーサイト

2009年秋期 アカデミー講座受講生募集

アート・アカデミー"にっぽんmuseum" 開講講座のご案内

「日本全国、まるごと美術館になったら おもしろい。」
"にっぽんmuseum"は、
「アートで社会を愉しくしていこう」と考えるアカデミーです。
現在、以下の講座を開講いたします。


→講座詳細はタイトルをクリックしてください!
アート×まち【講座番号001】NEW!受講生募集!建築写真講座<フォトジェニック・シティー>
トップ 写真講座

アート×地域【講座番号002】
街のソムリエ養成講座『地域ソムリエ、始めませんか』

トップ ソムリエ講座

アート×お菓子【講座番号003】
建築お菓子創作講座『建築をかじってみよう』

トップ お菓子講座


お申込方法
●下の受講申込みフォームに必要事項をご記入の上、送信ください。(電話での申込みはお受けできません。)
●受講申込みフォームの記載にもれ等がある場合、受け付けできない場合がございます。
●開講日の一週間前に申込みが一定数(基本的には4名)に達しない場合、講座を中止する事がございます。その際には、お支払いいただいた受講料等は返金いたします。
●上記の情報は予告無く変更される事があります。ご了承ください。
●本講座を受講すると、にっぽんmuseumアカデミー会員に登録されます。会員に関する詳細はにっぽんmuseum会員規定にてお確かめ下さい。
HP参照。http://nipponmuseumlectures.blog61.fc2.com/
【お問い合わせ先】
e-mail: info@art-thinktank.com  にっぽんmuseum事務局

※サーバーの相性等によりメールを受信できないトラブルが多発しております。にっぽんmuseumでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたしております。1週間経過してもこちらからご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性がございます。その場合、お手数ですが下記にございますメールフォームや別のアドレスから再度ご連絡いただければ幸いです。
対策に努めておりますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。






建築写真講座「フォトジェニックシティー」

 「上野の杜へ 建物を撮りに行く」
 
 日時:2009年10月17日(土) 9時45分~15時
 
 明治初期に建てられた東京芸大の煉瓦校舎をはじめ、
 明治23年建設の「旧東京音楽学校奏楽堂」、さらに
 「国立西洋美術館(1959年)」、「東京文化会館(1961年)」といった
 戦後の名建築群に触れることのできる街、上野にて撮影します。
 撮影、講評を一日で行います。
 どなたでもご参加いただけます。普段お使いのカメラをご持参下さい。

 講師:下村純一氏 (建築写真家・早稲田大学講師)
  著書・写真集に、『近代の光』、『細部の神々』、『アール・ヌーヴォー
  の名邸』、『不思議な建築』、『薔薇と幾何学』、『インテリアの近代』、
  『感性のモダニズム』など多数。日本写真家協会会員。
 
 当日スケジュール(雨天決行)
  9時45分   集合
  10時~12時15分  撮影
  12時15分~13時 昼食(各自負担)
  13時~15時 撮影した写真を見ながら講評。

  定員:10名
  受講費:3000円(資料代含む)

 講座の申込は、題名を「上野写真講座希望」とし、
 ●氏名●メールアドレス ●当日連絡用電話番号 を明記の上、メール
 でinfo@art-thinktank.com にお送りください。
 申し込みをお受けできた皆様に、折り返し詳細を送らせていただきます。

 ※上記予定は、天候など諸都合により若干変更する場合もあります。

メルマガ「建築写真講座実況中継」

10月9日配信アートシンクタンク通信の短期連載企画「建築写真講座実況中継」の中で
紹介された受講生菅野健一さんが撮られた美しい写真をご紹介いたします。

resize1295.jpg

(撮影/菅野健一)

全文を表示 »

「シンポジウム」のご案内です

すっかり秋めいて参りましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
「シンポジウム」のご案内です。

★まちから学ぶ連続シンポジウム 第3回
「観る、聴く、歩く ~まちを面白くする3つの方法」

近年、まちを様々な方法で楽しむ層が増えつつあります。
写真やスケッチを試みたり、建物を観ながら散策に出かけたり、
あるいは、地域のまちづくり活動に参加したり・・・。
気軽な「気晴らしスタイル」から、「少し知的な自己開発スタイル」まで、
幅広いアプローチが試みられています。
そこで、今回、「聴く」=鳥越けい子先生(サウンドスケープが御専門)、
「観る」=下村純一先生(建築写真家)のお二人の先生をメイン講師に
お招きして、感性を手掛かりにまちを見る面白さについてお話いただく
ことに致しました。
「まちをもっと魅力的に」。
そんな思いを抱いている皆さんとともに、今後の可能性を探りたいと思います。
皆さま、どなたでもお気軽にご参加ください。

●日時: 2008年10月17日(金) (18時半より)
●会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター研修室
〒151-0052東京都渋谷区代々木神園町3番1号(小田急線参宮橋下車すぐ)
●プログラム:
18時15分 開場
18時30分 シンポジウム~第1部
       御講演 「都市を聴く」 鳥越けい子氏
19時10分 
       御講演 「まちなみを撮るのは難しい」 下村純一氏
19時50分
休憩
20時    シンポジウム~第2部
       「歩く」を中心に、にっぽんmuseumの活動紹介
20時10分
       パネルディスカッション(鳥越けい子氏、下村純一氏ほか)
21時 閉会

●講師の先生のご紹介:
鳥越けい子氏 (音風景(サウンドスケープ)研究家・青山学院大学教授)
「サウンドスケープ」をテーマに、まちづくり、環境デザインから環境教育に至る各種のプロジェクト、都市をフィールドにしたワークショップなどを展開。主な著書に、『サウンドスケープ その思想と実践』、『サウンドスケープの詩学 フィールド篇』など。

下村純一氏 (写真家・早稲田大学講師)
著書・写真集に、『近代の光』、『細部の神々』、『アール・ヌーヴォーの名邸』、『不思議な建築』、『薔薇と幾何学』、『インテリアの近代』、『感性のモダニズム』など多数。日本写真家協会会員。にっぽんmuseum主催「フォトジェニックシティー・プロジェクト」講師も務める。

●申し込み・お問い合わせ
・氏名、・メールアドレス、・当日連絡先電話番号 を明記の上、にっぽんmuseum  (info(at.)art-thinktank.com)までメールにて申し込み。
申し込みをお受けできた方には、折り返しご案内メールをお送りいたします。
(定員80名・申し込み先着順)
参加費1000円を当日、受付にてお支払いください。

協力:特定非営利活動法人サスティナブル・コミュニティ研究所、
    特定非営利活動法人NPO地域再創生プログラム
主催: 特定非営利活動法人にっぽんmuseum
「日本全国、ミュージアムになったら面白い」
info(at.)art-thinktank.com
http://art-thinktank.com
〒104-0052 東京都中央区月島1-14-7 2F
---------------------------------

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

にっぽんmuseum年次総会のお知らせ

2008年度にっぽんmuseum年次総会のお知らせ

「アートで社会を変える。 
日本全国、ミュージアムのようになったら面白い」
をモットーに2003年に設立された<にっぽんmuseum>も、
お陰さまで3度目の年次総会を迎えることになりました。
例年、講師の方をお招きして愉しいお話を伺ってきましたが、
今年度は少々趣きを変え、にっぽんmuseumのプロジェクトに
ついて各担当者が紹介いたします。
5年間の蓄積された活動を振り返るとともに、今後の更なる
展開のため、参加者の方にも広くご意見を賜りたいと思って
います。どなたでも参加できます。アートに関心があって、
何かに参加したい、アートで何か発信したいとお考えの皆様、
是非どうぞお気軽にお越しください。

・日時: 2008年8月29日(金)18:30~20:30
・場所: タマダプロジェクト・アートスペース
東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2F
(地下鉄有楽町線、大江戸線月島駅下車7番出口より徒歩3分)
・主催: <特定非営利活動法人 にっぽんmuseum>
・プログラム: 
(前半/18:30~18:50) 
にっぽんmuseum総会(事業報告・次年度予算承認) 
正会員のみ議決権があります。オブザーバー参加可。

(休憩)
(後半/19:00~20:00)
にっぽんmuseumプロジェクト紹介 (斉藤理)
プロジェクト紹介1 メルマガ発信事業について(天内大樹)
プロジェクト紹介2 建築写真事業について(小笠原真実)
プロジェクト紹介3 街のソムリエ事業について(斉藤理)
プロジェクト紹介4 建築お菓子創作事業について
プロジェクト紹介5 子どもアート教育事業について
その後、意見交換及び懇親会(20:30まで)

▼入場無料
参加希望される方は、
●住所 ●氏名 ●参加希望人数を明記の上、
にっぽんmuseum事務局
info@art-thinktank.com まで。
申込をお受けできた方には折り返しご連絡いたします。

---------------------------------
にっぽんmuseum
「日本全国、ミュージアムになったら面白い」
info@art-thinktank.com
http://art-thinktank.com
〒104-0052
東京都中央区月島1-14-7 2F

メールマガジン:アートシンクタンク通信
のバックナンバー・配信登録はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000174341/
---------------------------------

【003】建築お菓子創作講座『建築をかじってみよう』

トップ お菓子講座

【講座番号003】
建築お菓子創作講座『建築をかじってみよう』 


次回の開催日程は未定です。>>建築お菓子のレシピは、現在、「建築ジャーナル」誌にて、毎月ご覧いただけます。好評連載中です。

なんと建築の専門家が講師となって、皆で「食べられる建築」を作ってみようという試み。
予備知識はなんら必要ありません。お菓子の材料を使って、建築をデザインしていく過程を愉しく疑似体験してみましょう。

建築のかたちをテーマにしたお菓子は、今年2月に行われたBankART1929「食と現代美術part3- 美食同源」展でも出品され、大好評を得ました。
また昨年7月に行なわれた第1回建築お菓子講座の様子は、日本経済新聞夕刊紙上(8月8日)にて紹介され、今、大変な注目を集めています。

今回は建築お菓子の発案者でもある斉藤理氏を講師に、「自由学園明日館の建物をイメージしたお菓子を作ろう」という企画です。
どうぞお気軽に御参加下さい。

●第4回建築お菓子講座【日時】
2007年3月4日(日)午前9時15分~12時
【場所】「きゅりあん」内キッチンスタジオ
(JR/東急線 大井町駅徒歩1分)
http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/
【受講費】2,500円
※まだアカデミー会員でない方は別途入学金:1,500円
(アカデミー会員に登録されると2008年3月末まで有効です)
【定員】15名

BankARTでの展示の模様はヨコハマ経済新聞でも紹介されました。→ http://www.hamakei.com/special/101/

【002】街のソムリエ養成講座『地域ソムリエ、始めませんか』

トップ ソムリエ講座
【講座番号002】
◇街のソムリエ養成講座『地域ソムリエ、始めませんか』


建築めぐりを通した地域の再発見! 街全体をひとつの「建築博物館」のようにプロデュースできる人材を育成します。
講師の解説を聴きながら実際に街を歩き、オリジナルのマップ等を作りましょう。専門知識は必要ありません。街をみる見方を伝授します。どなたでもご参加いただけます。

講師:斉藤理(東京あるきテクト代表)
日程: 2007年12月15日(土)[麻布編]
    2008年1月12日(土)[三田編]→1月19日(土)に延期されました。
各日とも [13:00~15:00]   
各回参加費 1,000円 
まだアカデミー会員でない方は別途入学金:1,500円
(アカデミー会員に登録 2008年3月末まで有効)

これまでのソムリエ講座の様子はこちらをご覧下さい→
神楽坂編http://nipponmuseum.blog39.fc2.com/blog-entry-44.html
銀座編http://nipponmuseum.blog39.fc2.com/blog-entry-42.html






«  | HOME |  »

プロフィール

nippon-museum

Author:nippon-museum
日本全国 まるごと
美術館になったら 
おもしろい。

にっぽん
ミュージアムは
社会を愉しくする
アートアカデミー
です。

メルマガ登録は
こちらからどうぞ。
毎週木曜日発信中。
http://www.
mag2.com/m
/0000174
341.html

 

最近の記事

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。