2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【039】「Le journal de l'exposition=展覧会日記」Apr.27

昭和5年有楽町に建てられた三信ビルディングが
今その幕を閉じようとしています。

先週の土曜、三信ビルを愛する人が集まり、
「三信ビルの思い出を語る会」が開かれました。
今週の展覧会日記はそこで披露された
マミューズ・マミラジャさんによる詩のパフォーマンスを
ご紹介致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛しの三信ビル
マミューズ・マミラジャ
まっ青な空のもと  吹きすさぶ風に 桜花(さくらばな)舞うもと
しかと 建ち続けている黄膚(きはだ)色のビルよ
「おす」「ひく」と 浮き彫りされた 古めかしいドアの中は まばゆい回廊世界 
柔らかで なだらかな 美しい曲面に出会うごとに
こころ からだ 異次元空間に溶けていく
鳥や 星や ガラス飾りや モザイクに彩られた 踊るような空中散歩
時は靄(もや)になり 時の回廊に運ばれる 
タタタタタ カツカツ 「上へ参ります。8階レストランまで直通となります」バタン 
「もしもし」 ガチャガチャ 「床屋へ寄るかな」 シューッ
「あら、シャンパンを使った料理ですって」 サワサワサワ
長い日々の 何百万 何千万の足音、息遣い、衣擦れ、声を 吸い込み
通り抜け 急ぎの足も  洋服や 時計バンドや 本を 眺め 佇んでいる足も
喧騒も 人気ない静けさも 包み 永らえてきたもの
いつもそこに ある 当たり前の顔をして
堅牢でいて ひんやりとして それでいて
幾多の人の つぶやきも どんな笑い声も すべて受け入れ 微笑んでいる
沢山の記憶と 沢山の時が 幾重にも 交わり  
豊醇(ほうじゅん)な綾となる
綾は こころ深く 染み入り 
緋(あけ)色にも 伽羅(きゃら)色にもなり 時の回廊を 果てなくめぐり
人は その馥郁(ふくいく)とした香りに
ふうわりと 抱(いだ)かれている
いつも いつまでも


三信ビル2

三信ビルⅠ

スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

プロフィール

nippon-museum

Author:nippon-museum
日本全国 まるごと
美術館になったら 
おもしろい。

にっぽん
ミュージアムは
社会を愉しくする
アートアカデミー
です。

メルマガ登録は
こちらからどうぞ。
毎週木曜日発信中。
http://www.
mag2.com/m
/0000174
341.html

 

最近の記事

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。