2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【051】「Le journal de l'exposition=展覧会日記」Aug.3 東京あるきテクト諏訪編

sawa1

にっぽんmuseumの地域ソムリエ講座でも協力を得ている東京あるきテクトの街歩き諏訪編が先週末行われた。昨年に引き続き2回目となる「Lange Nacht der SUWA Museen――諏訪の長い夜――」に合わせて催されたもので、地元の方々に加え、特急で2時間半もかかる場所であったにもかかわらず東京からも多くの参加者があり、いつもながら賑やかな街歩きとなった。 「Lange Nacht der Museen/長い夜」というイベントは文字通りドイツに起源を持ち、美術館などの文化施設を深夜まで開放する他、コンサートなどの特別企画が夜通し行われる。巨資を投下して何かを新たに作るのではなく、今あるものを最大限に利用・活用する事により街の活性を促すイベントとして、今では世界中で行われているが、日本では諏訪が初めての開催地となる。7月28日(金)から29日(土)にかけて諏訪湖畔に佇む12の美術館・博物館が一斉に深夜まで開館し、特別パスを首からぶら下げて、いつもと違う表情をたたえた夜の美術館を楽しむ姿が至る所で見受けられた。服部サンリツ美術館で学芸員を務める松谷芙美さんは「いつもより来館者が多い。」と嬉しそうに話す。

設立以来、幾多の街を丁寧に歩き、地元に住む人々の話を交えながらその街にある建築物の解説を続けてきたあるきテクト、今回もその特色が最大限に発揮された。元町の造り酒屋、宮坂酒造では、諏訪の特産品鉄平石が見事に敷き詰められた壁を前にして、その石切り場について地元の方ならではの解説があった。次に訪れた桑原町の茶店、小口商店では、茶屋というのは屋号であって、茶店ではないというするどい指摘が入り、諏訪に今年から移住し、今回解説を務めた小林滋さんが苦笑いする場面も。その後、丸柳大津屋倉庫、信州諏訪味噌工業協同組合を巡り、本町・末広町に残された看板建築群では、「あの空いている敷地には火事があってね、それからあの建物は化粧品屋さんだったのよ…」と往年の思い出話に花が咲いた。つたで深く覆われ、独特の趣を醸し出している 並木通りの病院を見学後、木造、鉄骨造、RC造が全て揃い、まるで博物館の様な構造を持つ旧東洋バルブ工場跡地を訪れた。この工場は中心商店街の衰退を防ぐ為に、今年初め、諏訪市により買い取られたもので、現在その活用について模索され始めたところだ。今回の「長い夜」では加奈崎芳太郎アコースティックライブが開かれ、可能性の一端を覗かせた。最終地、片倉館を見学後、近くの喫茶店で、地元の方推薦のコーヒーゼリーパフェに舌鼓をうちながら懇親会。皆、すっかり打ち解けて、帰りには再会の約束を固く交わした。
suwa4

今は花屋さんとして営業を続ける元化粧品店。
「白牡丹」という看板は当時の名残だそう。

suwa3

バルブ工場跡地。窓から刺し込む光が美しい。
ニューヨーク近郊の現代美術館Dia Beaconを思わせる。


諏訪の街は、箱根や日光等に比べれば、観光地として便利に作られているとは言い難いかもしれない。自動車や自転車という足がなければ、一つ隣の駅に移動するだけでも大変な時間を要す。大抵観光に訪れた街では、あらゆる交通手段を駆使し、目一杯の予定をこなす私も、今回はあきらめて、とぼとぼと湖のほとりを歩いて移動していた。しかし、下諏訪から上諏訪まで(地元の人に話したら驚かれた)小一時間歩きながら気づいた事がある。突き抜けるような青空と、避暑地の涼しく気持ちの良い風、湖面は日の光をうけてきらきらと煌き、湖畔に打ち寄せる波の音が絶えず聞かれる、ああ諏訪を訪れる楽しさは一重にこの湖にあるのだと。おそらく列車ですいすいと移動していては気づけなかった街の姿である。
suwa5

足湯を楽しむ子ども達
suwa2

長い夜のイベント、バルブ工場跡の買い取り、今諏訪は再生に向けて動き出したばかりだ。既存の文化施設や、建築物を軸に街の活性を図るその姿勢からは、通り一遍では無い、きめ細かな街の未来が垣間見えるように思う。(編集局/川野)
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

プロフィール

nippon-museum

Author:nippon-museum
日本全国 まるごと
美術館になったら 
おもしろい。

にっぽん
ミュージアムは
社会を愉しくする
アートアカデミー
です。

メルマガ登録は
こちらからどうぞ。
毎週木曜日発信中。
http://www.
mag2.com/m
/0000174
341.html

 

最近の記事

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。