2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【055】「Le journal de l'exposition=展覧会日記」Aug.24

 先日、古い資料の整理をしていたら、書棚から一冊のアルバムが落ちてきた。バタッと開かれたページに張ってあった写真は「小石川消防署大塚出張所」(昭和6年造)をとらえた数枚だった。
 既に取り壊されてしまった建物で、かつて春日通りと不忍通りの交差点にあった。

koishikawa2.jpg
小石川消防署大塚出張所

 私が撮影したのは、ちょうど内部の解体作業が始まった頃だった。作業をしていた方に色々御話を伺っているうち、中を見せてもらえることになり、瓦礫の山を分け入ってこの建物の最後の姿をファインダーに収めていったのだ。
 もっとも印象的なポイントは望楼だった。市中に火災が無いかを確認するためのタワーだ。ここのは、銅葺きの屋根を持った異国風スタイルの塔だった。
 塔屋の中は薄暗かった。人ひとりやっと通れる幅の階段を、頭上からわずかに挿し込む外光だけを頼りに、やや不安な心持で一歩一歩上った記憶が私の中で鮮やかに思い出された。

koishikawa1.jpg
小石川消防署大塚出張所

 一冊のアルバムは図らずも私をちょっとしたタイムトリップへと誘った。次のページをめくってみる。「大塚女子アパート」(昭和5年造)だ。これもまた、もう見ることのできない建物である。表面に傷をつけたスクラッチタイルの帯に特徴がある表現主義スタイルの外観を持っていた。
 春日通りに面した一階部分には、小さなパン屋、ラーメン屋、雑貨店などが軒を連ねていて、これらの中に足を踏み入れると、何だか暗くずっしりと重たい雰囲気が漂っていたのをよく覚えている。
 近年の建物にないもの。そのひとつにこうした「薄暗さ」が挙げられるのかも知れない。タイルや塗り壁の自然に風化した様、頭を押さえつけてくるような低い天井、そして薄暗い中を時に崇高な表情を持ってさまよう陽光。無論、こうした環境は決して不快ではなく、コントラストの効いた濃厚な空間体験を私たちに与えてくれていた。

ootsukajyoshi1.jpg
大塚女子アパート

 先日訪れた新富町の「喜久屋ビル」(昭和3年造)にもやはり同様の薄暗さが漂っていたことを思い出す。建物正面のガラス戸を押し中へ入ると、薄暗い中から、45度は傾斜があろうかという急な階段がまるで壁のように迫ってくるのだ。
 残念なことだが、この建物はまもなく取り壊されるのだという。また私たちの眼前から「薄暗い」空間がなくなろうとしている。

ootsukajyoshi2.jpg
大塚女子アパート

(編集局:斉藤)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

nippon-museum

Author:nippon-museum
日本全国 まるごと
美術館になったら 
おもしろい。

にっぽん
ミュージアムは
社会を愉しくする
アートアカデミー
です。

メルマガ登録は
こちらからどうぞ。
毎週木曜日発信中。
http://www.
mag2.com/m
/0000174
341.html

 

最近の記事

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。