2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【065】「Le journal de l'exposition=展覧会日記」July 03「スキン+ボーンズ」

「スキン+ボーンズ 1980年代以降の建築とファッション」

国立新美術館で開催中の建築とファッションをテーマにした展覧会。
http://www.nact.jp/
exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html


アートシンクタンク通信をご愛読の皆様にはお馴染みの五十嵐太郎先生が監修された企画。また京都服飾研究財団の深井晃子先生も監修に入っていらっしゃいます。現代の建築とファッションに共通する特徴を、思想やテクニックなどに見出し、視覚的に検証するという内容です。

元々はロサンゼルス現代美術館で開催された展覧会ですが、巡回にあたっては日本人作家などが充実した企画になりました。約270点とボリューム感たっぷりの展示なので、映像なども全部観るには時間に余裕を持ってお出掛けになることをお勧めします。

また日頃は何気なく眼にしている建築も、美術館でパネルになっていると、計算され尽くした繊細な表情を見せるにのに驚かされました。まさに「異化」効果を実感。

さて今回注目する点のひとつとして展示方法が挙げられるのではないでしょうか。360度美しく見えるようにボディに着付けたり、ライティングを調整したりと、ファッションの場合は絵画の展示とは違った会場設営の難しさがありますよね。アパレルショップの商品ではなく、ミュージアムピースとして見せる、ということにも心配りされていて勉強になりました。

会期は8月13日まで。展覧会の入場券(半券)を持っているとBunkamuraル・シネマで上映中の映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」が割引で入場できるそうなので、こちらもお見逃しなく!

【嶋田華子】
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

nippon-museum

Author:nippon-museum
日本全国 まるごと
美術館になったら 
おもしろい。

にっぽん
ミュージアムは
社会を愉しくする
アートアカデミー
です。

メルマガ登録は
こちらからどうぞ。
毎週木曜日発信中。
http://www.
mag2.com/m
/0000174
341.html

 

最近の記事

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。